Ranking Digital Rights、通信大手の人権対応ランキングを発表

11月30日、インターネット分野の人権NGOであるRanking Digital Rights(RDR)は、「Telco Giants Scorecard」を発表した。本ランキングは、世界の主要な電気通信会社(telcos)を、コーポレートガバナンス、表現と情報の自由、プライバシーに焦点を当て、人々の人権に影響を与える250以上の企業政策の側面から評価し、採点するものである。

RDR Telco Giants Scorecardは、5大陸10カ国に本社を置く世界最大の電気通信会社12社の政策を分析している。本スコアカードは、RDR企業説明責任指数の一部であり、世界で最も強力なソーシャルメディアと電子商取引のプラットフォーム14社をランク付けする「Big Tech Scorecard」も含まれている。ランク付けしたすべての企業には独自のレポートカードがあり、過去1年間のハイライト、主な成果、推奨事項、変更点などを詳しく紹介している。

同ランキングでは、スペインを拠点とするTelefónicaが首位に立った。2位以降はVodafone、AT&T、Deusche Telekom、Telenor、MTN、América Móvil、Orange、Airtel、Axiata、Etisalat Ooredooの順になっている。

南アフリカのMTNとメキシコのAmérica Móvilは、ポリシーの透明性を大幅に向上させ、改善をリードした。両社とも、新しい透明性報告のロードマップとして、RDRの基準を挙げている。

全体として、ガバナンス、表現の自由、プライバシーの3つのカテゴリーすべてで改善を示している。しかし、これらの改善は主に数社によってもたらされたもので、表現の自由はすべての組織にとって深刻な盲点であり続けている。これは、アルゴリズムシステムとターゲット広告において特に当てはまる。この2つの分野のテクノロジーは急速に進化しており、現在、通信事業者は監視ベースの行動広告にさらに関与することで、膨大なデータを利用する強い動機付けがあるという。

【参照ページ】
(原文)Press Release: Ranking Digital Rights Announces Inaugural Telco Giants Scorecard
(日本語参考訳)Ranking Digital Rights、通信大手の人権対応ランキングを発表

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る