ビール大手Diageo、水素を利用した炉で製造した「ネット・ゼロ」ガラスボトルを採用

ビール大手Diageo、水素を利用した炉で製造した「ネット・ゼロ」ガラスボトルを採用

12月13日、世界的な蒸留酒・ビールメーカーDiageoは、ガラスメーカーEncircと新たに提携し、ネット・ゼロのガラス瓶生産に向けた水素供給炉を建設すると発表した。

Diageoは、2030年までに本設備で年間最大2億本のボトルを生産し、スミノフ、キャプテン・モーガン、ゴードン、タンカレーなどのブランドでの使用を目指す。同社は、今回の合意は、2030年までにサプライチェーン全体の二酸化炭素排出量を削減するという目標を含む、同社のサステナビリティ戦略「ソサエティ2030」に貢献するものである。

新しいパートナーシップのもと、Encircは英国チェシャー州にあるエルトン工場に、ゼロカーボン電力と水素による新しい加熱炉を建設する。

本加熱炉は、グリーン電力と低炭素水素の両方を使用することにより、全体の炭素排出量を90%削減できる見込み。残りの排出量に対しては炭素回収技術を使用し、2030年までに相殺するという。

同炉は、2027年までにフル稼働する予定である。炉に使用する水素は、英国政府の産業用脱炭素化プロジェクト「HyNet」のパートナーであるVertex Hydrogenが提供する。

【参照ページ】
(原文)Encirc and Diageo announce hydrogen powered furnace to change the face of UK glass manufacturing industry
(日本語参考訳)ビール大手Diageo、水素を利用した炉で製造した「ネット・ゼロ」ガラスボトルを採用

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る