ビール大手Diageo、水素を利用した炉で製造した「ネット・ゼロ」ガラスボトルを採用

ビール大手Diageo、水素を利用した炉で製造した「ネット・ゼロ」ガラスボトルを採用

12月13日、世界的な蒸留酒・ビールメーカーDiageoは、ガラスメーカーEncircと新たに提携し、ネット・ゼロのガラス瓶生産に向けた水素供給炉を建設すると発表した。

Diageoは、2030年までに本設備で年間最大2億本のボトルを生産し、スミノフ、キャプテン・モーガン、ゴードン、タンカレーなどのブランドでの使用を目指す。同社は、今回の合意は、2030年までにサプライチェーン全体の二酸化炭素排出量を削減するという目標を含む、同社のサステナビリティ戦略「ソサエティ2030」に貢献するものである。

新しいパートナーシップのもと、Encircは英国チェシャー州にあるエルトン工場に、ゼロカーボン電力と水素による新しい加熱炉を建設する。

本加熱炉は、グリーン電力と低炭素水素の両方を使用することにより、全体の炭素排出量を90%削減できる見込み。残りの排出量に対しては炭素回収技術を使用し、2030年までに相殺するという。

同炉は、2027年までにフル稼働する予定である。炉に使用する水素は、英国政府の産業用脱炭素化プロジェクト「HyNet」のパートナーであるVertex Hydrogenが提供する。

【参照ページ】
(原文)Encirc and Diageo announce hydrogen powered furnace to change the face of UK glass manufacturing industry
(日本語参考訳)ビール大手Diageo、水素を利用した炉で製造した「ネット・ゼロ」ガラスボトルを採用

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る