ボルボ、大型電気トラックのラインアップを拡充

ボルボ、大型電気トラックのラインアップを拡充

12月12日、ボルボ・トラックは、大型電動トラックのラインアップに複数の新モデルを導入し、電動トラックのラインアップの拡大を発表した。

新モデルには、クレーン、ゴミ圧縮機、セメントミキサーなどの用途に向けた、ボルボの大型電動トラックのリジッドバージョンが含まれる。

同社によると、バッテリー、運転手室、車台のオプションを複数用意することで、物流、ごみ収集、建設工事などの特殊な輸送に対応した新型トラックの設計が可能になったという。

2020年、ボルボは初の大型電気トラックを発表し、今年9月にはシリーズ生産を開始した。ボルボは最近、アマゾンとの間で、年末までに大型トラック20台を納品する契約を発表した。

【関連記事】Amazon、Volvoに大型電気トラックを発注 車両の脱炭素化を支援

新型トラックの生産は、2023年の第1四半期に開始される予定である。ボルボは、遅くとも2030年までに世界のトラック総販売台数の半分をEVにする目標を掲げている。

【参照ページ】
(原文)Volvo launches more electric trucks
(日本語参考訳)ボルボ、大型電気トラックのラインアップを拡充

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る