OECD提唱のブルードット・ネットワーク、持続可能なインフラの認証フレームワークを開始

OECDは4月9日、ブルードット・ネットワーク(BDN)がOECDに監督されるプロジェクトの認証を開始すると発表した。

BDNは、質の高いインフラ・プロジェクトのための初のグローバルな認証フレームワークである。BDNは今後、インフラの経済的・社会的・環境的・開発的インパクトを最大化するプロジェクトへの投資動員を支援することを目的とした認証枠組みの世界展開を監督する。

認証は独立した第三者認証機関によって授与され、認証機関は証拠とデータを通じて持続可能性の約束の信頼性を確保する責任を負う。

BDN認証は、投資家やその他の利害関係者に、インフラ・プロジェクトのレジリエンスなどの良い影響について示すものである。この認証は、既存の国際基準に基づく以下の10の要素で構成される。

  • 持続可能で包括的な経済成長と開発を促進する
  • 公的資金を適切に活用し、市場主導・民間主導の投資を促進する
  • 健全な財政管理、債務の透明性、プロジェクトレベルおよび国レベルの債務の持続可能性を支援する
  • 気候変動や災害などのリスクに対して強く、世界の気温上昇を1.5度に抑えるために必要な2050年のネット・ゼロ・エミッションに向けた道筋に沿ったプロジェクトを構築する
  • 資産の全ライフサイクルコストにわたって、バリュー・フォー・マネーを確保する
  • 現地の技能継承と資本市場に焦点を当て、現地の資本能力を育成する
  • 透明性のある調達・協議プロセスを奨励し、汚職からの保護を推進する
  • 労働と人権の尊重を含む、環境・社会に関する国際的な規範を遵守する
  • インフラサービスにおける差別のない利用を促進する
  • 女性・障がい者・社会から疎外された人々の参加を推進する

【参照ページ】
(原文)The Blue Dot Network begins global certification framework for quality infrastructure, hosted by the OECD

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る