英米両政府、新たなエネルギーパートナーシップを発表

12月7日、英スナク首相と米バイデン大統領は、エネルギー安全保障の強化と価格引き下げのために協力することを発表した。

新しい「英米エネルギー安全保障・供給パートナーシップ」の下、英米はロシアのエネルギー輸出への世界の依存度を下げ、エネルギー市場を安定させ、エネルギー効率、原子力、再生可能エネルギーに関する協力を強化するための作業を推進する。本イニシアティブは、英国政府とホワイトハウスの高官が率いる新しい英米合同行動グループによって推進される。

新しいパートナーシップは、インドネシアで開催されたG20サミットでのスナク首相とバイデン大統領の会談を受けたもので、短期的なエネルギー需要に対応するための作業を進め、エネルギー転換を加速させるための取り組みの先頭に立つことに合意している。

ウクライナ戦争は、国際的なエネルギー価格の高騰を引き起こしている。その結果、生活費の高騰に対応するため、米国から英国のターミナルへの液化天然ガス(LNG)供給を持続的に増加させるよう市場に働きかけ、エネルギー効率化策を共同で実施する予定である。

その一環として、米国は英国のターミナルを経由して、今後1年間で少なくとも90億~100億立方メートルのLNGを輸出するよう努める。これは2021年の輸出レベルの2倍以上であり、英国の輸入インフラを生かすものである。共通の目標を達成するために、両政府は輸出業者と輸入業者が直面するあらゆる問題を積極的に特定し、解決するために努力する。

また、エネルギー効率を高める努力を推進し、クリーンエネルギーへの移行を支援し、世界的にクリーンな水素の開発を促進し、エネルギーの安全な利用法として民生用原子力を推進することにより、世界のロシアエネルギーへの依存を減らすよう努力する。

本パートナーシップは、エネルギー大臣が主導する英米戦略的エネルギー対話の作業を基礎とし、ガス供給、エネルギー効率、民生用原子力、クリーンエネルギーに重点を置いて行われる。

民生用原子力に関しては、パートナーシップは、クリーンエネルギーへの移行において安全で信頼できる部分として原子力を推進する。これには、核燃料と先進原子力技術に関する国際的な協力関係の深化が含まれる。

パートナーシップはまた、洋上風力から炭素回収に至るまで、クリーンエネルギー技術への国際的な投資を促進する。これは、英国と米国がG7のパートナーとともに、Just Energy Transition Partnershipsを通じて開発途上国におけるクリーンで持続可能なエネルギーの利用を支援するために行っている活動を補完するものである。

エネルギー供給の安全性を確保すると同時に、ベストプラクティスを交換し、エネルギー効率を高めてガス需要を削減するための対策に取り組む予定である。すでに、この冬、英国ではガス需要が8%減少する可能性があると推定されている。ジョイント・アクション・グループは、「暖房のための支援プログラム」などの英国政府のイニシアティブに基づき、この効率性を高めるための政策的な解決策を模索する。

本イニシアティブは、航空宇宙産業の脱炭素化や持続可能な航空燃料技術の開発、EVに関する協力的な取り組み、エネルギー・スマート・アプライアンスなどの革新的なエネルギーソリューションを追求する。

また、二酸化炭素の回収・利用・貯蔵に関する緊密な協力関係を継続し、クリーン水素ミッションも進展させる予定である。英国と米国は、クリーンな水素を国際的に推進するための主要なイニシアチブである「水素ブレークスルー・ アジェンダ」の共同リーダーである。

【参照ページ】
(原文)UK and US announce new energy partnership
(日本語参考訳)英米両政府、新たなエネルギーパートナーシップを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る