CEO気候リーダー同盟、COP26に参加する世界のリーダーに向けた公開書簡を発表

 

10月27日、「CEO気候リーダーズ同盟(Alliance of CEO Climate Leaders)」は各国政府に対し、2030年までに世界の二酸化炭素排出量を少なくとも半減させ、2050年までに世界の排出量をネット・ゼロにすることを約束する1.5℃シナリオに沿った国家決定拠出金を政策ロードマップとともに発表することをも求める公開書簡を発表した。

CEO気候リーダーズ同盟は、世界の平均気温の上昇を1.5℃に抑え、公正な移行を実現する

チャンスを維持するためには、COP26で大胆な気候政策の合意が必要とした。また、6月に発行した公開書簡に記載されている詳細なセクター別の政策提言に加えて、他の企業が排出削減を加速し、イノベーションを拡大し、2050年までにネット・ゼロの世界を実現するための3つのポイントを特定した。

  1. 化石燃料への補助金を廃止し、気候変動に配慮した商品への関税を引き下げ、市場ベースで意味のある、広く受け入れられる炭素価格メカニズムを開発し、公正な移行を確保するための適切な措置を講じる
  2. 既存の実証済みソリューションをバリューチェーン全体で拡大したり、新技術を開発したりするなど、先発企業を支援し、インセンティブを与える。政府は、主要技術の迅速な展開を可能にする効果的な規制、および低炭素製品の体系的な公共調達などを通じて、移行の規模拡大と加速を支援することができる
  3. 気候適応策への投資として、自然災害に対する防御策やリスク回避策を拡充し、気候変動に強い持続可能な食料生産や水の供給を促進することで、回復力のある都市、サプライチェーン、インフラを構築する

【参照ページ】
(参考記事)CEO Climate Alliance to world leaders: We support you in taking decisive climate steps at COP26
(日本語訳)CEO気候リーダー同盟、COP26に参加する世界のリーダーに向けた公開書簡を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る