Carlyle、分散型太陽光・蓄電池プラットフォーム「Aspen Power Partners」に約520億円を投資

カーライル、分散型太陽光・蓄電池プラットフォーム「アスペンパワー」に約520億円を投資

11月3日、脱炭素社会に向けた分散型発電プラットフォームであるAspen Power Partnersは、世界的な民間資本投資会社であるCarlyleから3億5,000万ドル(約520億円)の投資を受け、地域社会、集合住宅、商業・産業用太陽光発電および蓄電池市場をターゲットにした有機的およびM&A重視の成長戦略の支援を目的とすることを発表した。

Aspen Power Partnersは、あらゆる所得レベルの消費者や企業がクリーンな再生可能エネルギーにアクセスできるようにするため、地域社会や集合住宅、商業・産業用太陽光発電および蓄電設備の開発、建設、運営を行っている。同社は、12カ月から24カ月以内に完成する見込みのあるプロジェクトのパイプラインやポートフォリオを買収し、共同開発するのが一般的な仕組みとなっている。

Aspen Power Partnersは最近、PPLコーポレーションからサファリエナジーを買収することを発表した。これは、分散型太陽光発電の取引としては、これまでで最大規模のものである。同社によると、サファリのプラットフォームと資産に、Aspenのコミュニティ・ソーラー・ポートフォリオと多世帯用ソーラー・パイプラインを組み合わせることで、多様な分散型発電の独立系電力事業者が誕生するという。

本投資は、今年初めにCarlyleがエネルギー転換に特化した新しい投資プラットフォームを設立したことを受けたもので、同社のインフラとエネルギーの能力を一元化し、世界の脱炭素化の取り組みから生じる新たな投資機会を捉えるために、同社のグローバルインフラ事業内で運営している。

【参照ページ】
(原文)Aspen Power Partners Announces $350 Million Investment from Carlyle to Fuel Growth and Acquisition Strategy
(日本語訳)アスペンパワーパートナーズ、カーライルから3億5千万ドルの出資を受け、成長および買収戦略を推進

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る