Siemens、米国ソーラー・インバータ市場に参入

Siemens、米国ソーラー・インバータ市場に参入

8月15日、テクノロジーに特化した産業、インフラ、交通、ヘルスケア・ソリューション企業のSiemensは、米国製再生可能エネルギー部品への需要の高まりに応え、供給のボトルネックに対処するため、米国でソーラー・インバータの製造を開始すると発表した。

太陽光発電部品は、Siemensの製造パートナーであるSanminaがウィスコンシン州ケノーシャに所有・運営する施設で生産される。Siemensによると、この発表はバイデン大統領のウィスコンシン州訪問に合わせて行われた。

今回の発表は、バイデン大統領によるインフレ削減法への署名から1年後のことであり、同法には気候変動に焦点を当てた米国史上最大規模の投資が含まれている。同法は、再生可能エネルギーや産業の脱炭素化ソリューションなどの分野に3,700億ドル(約53兆円)近くを割り当てており、生産・投資税額控除、融資、助成金を通じて、クリーンエネルギーや輸送技術の国内製造を加速させるための600億ドル(約8兆円)超も含まれている。

インバーターは、ソーラーパネルで発電された直流電力を送電網で使用される交流電力に変換する、ソーラーシステムの重要な機器である。Siemensによると、このインバーターは、コミュニティやユーティリティ・スケールのソーラー・デベロッパーやインフラ・プロバイダーに使用されるという。

同施設での生産は2024年初頭に開始され、年間800MWの容量まで拡大する予定である。

【参照ページ】
(原文)Siemens to begin manufacturing solar inverters in U.S.

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る