GM、バッテリー技術新興企業Mitra Chemの約58億円の増資を主導

GM、バッテリー技術新興企業Mitra Chemの約58億円の増資を主導

8月16日、電池材料技術の新興企業であるMitra Chemは、ゼネラルモーターズ(GM)が主導する6,000万ドル(約87億円)のシリーズB資金調達ラウンドの第1回クローズで4,000万ドル(約58億円)を調達したと発表した。

GMによると、Mitra ChemのAI搭載プラットフォームは、自動車大手が米国で手頃な価格のバッテリー開発を加速させるのにも役立つという。

2021年に設立されたシリコンバレーを拠点とするMitra Chemは、バッテリー用途向けに鉄ベースの正極を製造しており、リチウムイオン電池メーカーが、供給不足や採掘の持続可能性問題などの課題を抱えるニッケルやコバルトなどの元素の使用からシフトするのを支援している。同社は研究開発、機械学習アクセラレーション、製造を組み合わせて電池材料を供給している。

Mitra Chemによると、同社独自の技術と開発プロセスにより、ラボから市場投入までの時間を90%以上短縮できるという。同社はまた、米国を拠点とする唯一の鉄系正極メーカーの1つであり、米国製EVの購入者がインフレ削減法で可決された一連の税額控除を受ける資格を得ることを可能にしていると述べた。

GMとMitra Chemは、GMのウルティウム・アーキテクチャーと互換性があり、手頃な価格で入手可能なEVバッテリーを駆動する、リン酸マンガン鉄リチウム(LMFP)などの鉄系正極活物質を開発するために提携すると述べた。

【参照ページ】
(原文)GM Invests in AI and Battery Materials Innovator Mitra Chem
(日本語訳)GM、AIと電池材料のイノベーターMitra Chemに投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る