Util、グローバルな事業展開と雇用の加速に向け、約8.7億円を調達

CBOEとルクセンブルグ証券取引所、サステナビリティ・データ・プロバイダー「Util」の株式を取得

11月3日、世界的なサステナビリティ・データ・プロバイダーであるUtilは、グローバルな事業展開と雇用の加速を目的として、シード・ファインディング・ラウンドで600万ドル(約8.7億円)を調達したことを発表した。

本資金調達は、ベンチャー投資家エルドリッジが主導し、ルクセンブルグ証券取引所、CBOEグローバル・マーケッツ、オックスフォード・エンタープライズが参加した。

ロンドンに本社を置くUtilは、金融機関にサステナビリティ情報を提供している。最近立ち上げたプラットフォームでは、国連持続可能な開発目標(SDGs)に対する企業の社会・環境への影響を明らかにしており、ユーザーは5万社の上場企業の影響を調査・比較し、これらの概念に基づいて投資を選別し、個別のポートフォリオレポートを生成することが可能だ。

同社の顧客には、PGIM Quantitative Solutions、Nuveen(TIAA傘下)、Danske Bank Asset Management、Degroof Petercam Asset Management (DPAM), and a.s.r. が含まれる。

本発表は、Utilが重要な上級職の採用を加速させ、継続的な顧客の成長が増加する中で行われたものだ。

【参考ページ】
(原文)UTIL CLOSES $6 MILLION SEED INVESTMENT ROUND LED BY ELDRIDGE
(日本語訳)utiles、eldridgeが主導する600万ドルのシード投資ラウンドをクローズ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る