Util、グローバルな事業展開と雇用の加速に向け、約8.7億円を調達

CBOEとルクセンブルグ証券取引所、サステナビリティ・データ・プロバイダー「Util」の株式を取得

11月3日、世界的なサステナビリティ・データ・プロバイダーであるUtilは、グローバルな事業展開と雇用の加速を目的として、シード・ファインディング・ラウンドで600万ドル(約8.7億円)を調達したことを発表した。

本資金調達は、ベンチャー投資家エルドリッジが主導し、ルクセンブルグ証券取引所、CBOEグローバル・マーケッツ、オックスフォード・エンタープライズが参加した。

ロンドンに本社を置くUtilは、金融機関にサステナビリティ情報を提供している。最近立ち上げたプラットフォームでは、国連持続可能な開発目標(SDGs)に対する企業の社会・環境への影響を明らかにしており、ユーザーは5万社の上場企業の影響を調査・比較し、これらの概念に基づいて投資を選別し、個別のポートフォリオレポートを生成することが可能だ。

同社の顧客には、PGIM Quantitative Solutions、Nuveen(TIAA傘下)、Danske Bank Asset Management、Degroof Petercam Asset Management (DPAM), and a.s.r. が含まれる。

本発表は、Utilが重要な上級職の採用を加速させ、継続的な顧客の成長が増加する中で行われたものだ。

【参考ページ】
(原文)UTIL CLOSES $6 MILLION SEED INVESTMENT ROUND LED BY ELDRIDGE
(日本語訳)utiles、eldridgeが主導する600万ドルのシード投資ラウンドをクローズ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る