産業の脱炭素化スタートアップ、Rondo Energyが約87億円を調達

産業の脱炭素化スタートアップ、Rondo Energyが約87億円を調達

8月16日、炭素ゼロの産業用熱ソリューション・プロバイダーであるRondo Energyは、6,000万ドル(約87億円)の資金調達を行ったと発表した。この資金調達の目的は、産業用熱の脱炭素化製品であるヒート・バッテリーの世界展開を加速することである。

2020年に設立されたカリフォルニア州を拠点とするRondo Energyは、産業用熱プロセスからの排出に対処するソリューションを提供している。工業用加熱は、材料を金属やプラスチックなどの製品に変えるために、多くの場合化石燃料由来の大量のエネルギーを使用する。Rondo Energyのヒート・バッテリーは、風力や太陽エネルギーを含む断続的な再生可能エネルギーを連続的な高温の熱に変え、化石燃料焚きボイラーの代替を可能にする。

また、同社のソリューションは、他の技術の数分の一のコストで産業界の脱炭素化を可能にし、グリーン水素や化学電池の半分のコストでエネルギーを蓄えることができるという。

今回の資金調達ラウンドの投資家には、既存投資家のBreakthrough Energy Ventures、Energy Impact Partners、SCG、Titan、気候変動投資家のSDCL Energy Efficiency Income Trust(SEEIT)、John Doerr、産業投資家のMicrosoft’s Climate Innovation Fund、Rio Tinto、SABIC、Aramco Venturesが含まれる。

【参照ページ】
(原文)Rondo Energy Secures $60 Million from Global Giants and Leading Climate Investors to Speed Industrial Decarbonization 
(日本語訳)ロンド・エナジー社、産業界の脱炭素化を加速させるため、世界的大企業や有力気候投資家から6000万ドルを獲得

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結したと発表

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る