Stellantis、Samsung SDIとの提携により北米EV用電池の生産能力を増強

 

10月22日、Stellantisは、韓国の電池メーカーであるSamsung SDIとの間で、Stellantisの電気自動車に搭載する電池セルおよびモジュールを北米で生産することを目的とした合弁会社を設立する計画を発表した。

Stellantisは、米国、カナダ、メキシコでStellantisのEVに供給するための大規模なバッテリー

製造施設を北米で開発するために、LG社との合弁会社設立に続き、今週、2つ目の大規模なバッテリーに関する発表を行った。これらの合弁会社は、StellantisのグローバルEV戦略の一環であり、2025年までに300億ユーロ(約3兆9724億円)以上を電動化とソフトウェア開発に投資し、2030年までに260GWh以上の容量を達成することを計画している。

【参考記事】Stellantis社とLG社、北米の大規模EV用バッテリー新工場で提携

Stellantisによると、2025年の生産開始を目指す新施設の場所は、現在検討中とのこと。当初の生産能力は年間23ギガワット時で、最大40ギガワット時まで増やすことができる予定である。

今回の発表は、世界の自動車メーカーが、米国および北米の電気自動車分野への投資を大幅に拡大する準備が整ったことを受けたものである。先月、フォードは電気自動車とバッテリーの新工場に数十億ドルを投資する計画を発表し、GMは2025年までに自動走行車(AV)と電気自動車(EV)分野に350億ドル(約3兆9,759億円)を投資することを約束した。22日未明には、トヨタ自動車が米国におけるEV用電池の生産能力を拡大するため、30億ドル(約3,421億円)以上を投資する計画を発表した。

【国際】トヨタ、約3,800億円を投じて米国でEV用電池の生産能力を増強

8月、バイデン大統領は、2030年までに米国の新車販売台数の半分を、電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池車を含むゼロエミッション車が占めるようにするという新たな目標を定めた大統領令に署名した。この大統領令と同時に、GM、Ford、Stellantisの3社は共同声明を発表し、2030年までに米国の電気自動車の販売台数を年間販売台数の40〜50%に引き上げることを「共通の目標」としている。

【参考記事】バイデン大統領、2030年にゼロエミッション車の販売台数を50%にする目標を掲げる

【参照ページ】
(原文)Stellantis and Samsung SDI to Form Joint Venture for Lithium-Ion Battery Production in North America
(日本語訳)Stellantis、Samsung SDIとの提携により北米EV用電池の生産能力を増強

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る