クライムワークスが新しい炭素除去ポートフォリオサービスを開始

クライムワークスが新しい炭素除去ポートフォリオサービスを開始

4月17日、チューリッヒを拠点とするDAC(Direct Air Capture)プロバイダーのクライムワークスは、幅広い炭素除去技術とソリューションにまたがる高品質の炭素除去ポートフォリオを企業に提供することを目的とした新サービス、クライムワークス・ソリューションズの開始を発表した。

2009年にクリストフ・ゲバルトとヤン・ヴルツバッハーによって設立されたクライムワークスは、これまでDACプロバイダーのリーディングカンパニーとしての地位を築くことに注力してきた。2022年、同社はDAC能力を拡大することを目的とした株式資金調達ラウンドで約6億5,000万ドル(約1,004億円)を調達した。それ以来、同社は「マンモス」と呼ばれる新しい36,000トン容量のDAC施設の建設に着手し、最近、完成間近であることを明らかにした。

2022年の画期的な気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の気候変動緩和研究によると、温暖化を1.5℃に抑えるシナリオには、今後数十年にわたって年間数十億トンに拡大する二酸化炭素除去方法が含まれている。しかし、同報告書では、二酸化炭素を回収・貯蔵する既存の解決策は複数存在するものの、そのほとんどは初期段階にあり、現在のところ規模が限定的であるとも指摘している。

クライムワークスは、DACベースの除去から脱却するという決断は、顧客の需要の高まりと、気候変動に対処するために炭素除去産業を「あらゆる面で」拡大する必要性に応えるものだと述べた。

同社によると、この新サービスは、企業の戦略的優先事項、タイミング、品質、予算に合わせ、クライムワークスが組み立て、調達、管理するテーラーメイドのソリューション・パッケージを提供する。DACに加え、植林や再植林、バイオ炭、炭素回収・貯留を伴うバイオエネルギー、風化促進などの炭素除去ソリューションもポートフォリオに含めることができる。クライムワークスはまた、ソリューションが綿密なデューデリジェンスを受け、第三者によって検証されていることを保証する。

新サービスの開始と同時に、クライムワークスはスイスの高級時計メーカーであるブライトリングをクライムワークス・ソリューションズの最初の顧客として発表し、両社はクライムワークスのDAC技術に加え、耐候性を強化したポートフォリオを含む12年間の契約を発表した。

【参照ページ】
(原文)Breitling joins forces with Climeworks for its net-zero strategy
(日本語参考訳)ブライトリング、ネット・ゼロ戦略でクライムワークスと提携

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る