CBREグループ、サステナビリティ目標に連動した約4,700億円のクレジット・ファシリティに調印

8月8日、商業用不動産サービスおよび投資会社であるCBREグループは、5年35億ドル(約4,700億円)の新規リボルビング・クレジット契約を締結し、同社の一連のサステナビリティ目標に連動した条件とすることを発表した。

本契約では、サステナビリティ認証を取得した1万平方フィート以上のオフィスの増加、サステナブルなサプライヤーとの調達支出の増加、CBREの北米車両群のEVへの転換など、目標達成に連動したインセンティブが提供される。CBREの2021年企業責任報告書によると、同社の入居スペースの約53%がLEED、BREEAM、WELLまたはFitwelの認証を取得し、CBREの持続可能なサプライヤーとの取引額は2021年に34億ドル(EcoVadis評価による)、同社は2035年までに保有車両のEV化を目標に掲げているとのことだ。

この案件の共同ブックランナーには、ウェルズ・ファーゴ、BofA証券、ノバスコシア銀行、HSBC銀行USA、全米協会、JPMorgan Chase、National Westminster Bankが名を連ねている。

【参照ページ】
(原文)CBRE, FM Global Take Advantage of Sustainable, Resiliency Financing Options
(日本語訳)CBREグループ、サステナビリティ目標に連動した約4,700億円のファシリティに調印

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る