大型電気トラックメーカーOrange EV、需要増に対応するため3500万ドルを調達

8月4日、大型電気トラックメーカーのOrange EVは、機関投資家向けの資金調達ラウンドで3500万ドル(約47億円)を調達したと発表した。本資金は、製造の加速、新市場への車両供給、新技術の開発に充てられる。

2012年に設立されたOrange EVは、EVの製造、販売、サービスを提供している。同社は2015年に、100%EVのクラス8車両を商業的に展開した最初のメーカーであり、物流センター・製造工場・倉庫などでトレーラーやコンテナを移動させるために利用されるクラス8ヤードトラックを中心に扱っている。

本ラウンドは、インパクトと持続可能性に焦点を当てた初期段階の投資家であるS2GベンチャーズとCCIが主導している。

【参照ページ】
(原文)Orange EV Raises $35 Million to Scale EV Trucking Solutions
(日本語訳)大型電気トラックメーカーOrange EV、需要増に対応するため3500万ドルを調達

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る