シンガポール、初のグリーンボンド募集で約2,300億円を調達

8月4日、シンガポール政府は、グリーンボンドの初回発行で24億シンガポールドル(約2,300億円)を調達し、同国の持続可能な移行戦略のための最大350億シンガポールドル(約3.4兆円)の調達を目指す複数年計画の幕開けとなることを発表した。

2022年8月債の発行は強い需要に支えられ、24億シンガポールドル(約2,300億円)は、今週初めに発表された最低発行額の15億シンガポールドル(約1,500億円)を大幅に上回り、目標額の上限で調達された。この債券の利回りは3.4%で、ブックビルディング開始時の価格ガイダンスから11bp引き下げられ、募集は2倍以上の応募超過となり、オーダーブックは53億ドル(約5,200億円)を上回った。

今回の発行は、政府が6月に発表した「グリーンボンドフレームワーク」に基づくもので、グリーンボンドによる投資対象として、再生可能エネルギー、エネルギー効率、グリーンビルディング、クリーン輸送、持続可能な水・排水管理、汚染防止・抑制・循環経済、気候変動適応、生物多様性保全、天然資源・土地利用の持続可能な管理などのカテゴリーを挙げている。

政府は、2030年までにソブリン債および公的セクターのグリーンボンドを最大350億シンガポールドル(約3.4兆円)発行することを目指しており、その収益は、最近開始した「シンガポールグリーンプラン2030」を支える支出や投資の財源に充てると表明している。

【参照ページ】
(原文)Singapore Prices S$2.4 billion 50-year Inaugural Sovereign Green Bond; Public Offer now Open for Individual Investors
(日本語訳)シンガポール、初のグリーンボンド募集で24億シンガポールドルを調達

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る