シンガポール、初のグリーンボンド募集で約2,300億円を調達

8月4日、シンガポール政府は、グリーンボンドの初回発行で24億シンガポールドル(約2,300億円)を調達し、同国の持続可能な移行戦略のための最大350億シンガポールドル(約3.4兆円)の調達を目指す複数年計画の幕開けとなることを発表した。

2022年8月債の発行は強い需要に支えられ、24億シンガポールドル(約2,300億円)は、今週初めに発表された最低発行額の15億シンガポールドル(約1,500億円)を大幅に上回り、目標額の上限で調達された。この債券の利回りは3.4%で、ブックビルディング開始時の価格ガイダンスから11bp引き下げられ、募集は2倍以上の応募超過となり、オーダーブックは53億ドル(約5,200億円)を上回った。

今回の発行は、政府が6月に発表した「グリーンボンドフレームワーク」に基づくもので、グリーンボンドによる投資対象として、再生可能エネルギー、エネルギー効率、グリーンビルディング、クリーン輸送、持続可能な水・排水管理、汚染防止・抑制・循環経済、気候変動適応、生物多様性保全、天然資源・土地利用の持続可能な管理などのカテゴリーを挙げている。

政府は、2030年までにソブリン債および公的セクターのグリーンボンドを最大350億シンガポールドル(約3.4兆円)発行することを目指しており、その収益は、最近開始した「シンガポールグリーンプラン2030」を支える支出や投資の財源に充てると表明している。

【参照ページ】
(原文)Singapore Prices S$2.4 billion 50-year Inaugural Sovereign Green Bond; Public Offer now Open for Individual Investors
(日本語訳)シンガポール、初のグリーンボンド募集で24億シンガポールドルを調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る