シンガポール、初のグリーンボンド募集で約2,300億円を調達

8月4日、シンガポール政府は、グリーンボンドの初回発行で24億シンガポールドル(約2,300億円)を調達し、同国の持続可能な移行戦略のための最大350億シンガポールドル(約3.4兆円)の調達を目指す複数年計画の幕開けとなることを発表した。

2022年8月債の発行は強い需要に支えられ、24億シンガポールドル(約2,300億円)は、今週初めに発表された最低発行額の15億シンガポールドル(約1,500億円)を大幅に上回り、目標額の上限で調達された。この債券の利回りは3.4%で、ブックビルディング開始時の価格ガイダンスから11bp引き下げられ、募集は2倍以上の応募超過となり、オーダーブックは53億ドル(約5,200億円)を上回った。

今回の発行は、政府が6月に発表した「グリーンボンドフレームワーク」に基づくもので、グリーンボンドによる投資対象として、再生可能エネルギー、エネルギー効率、グリーンビルディング、クリーン輸送、持続可能な水・排水管理、汚染防止・抑制・循環経済、気候変動適応、生物多様性保全、天然資源・土地利用の持続可能な管理などのカテゴリーを挙げている。

政府は、2030年までにソブリン債および公的セクターのグリーンボンドを最大350億シンガポールドル(約3.4兆円)発行することを目指しており、その収益は、最近開始した「シンガポールグリーンプラン2030」を支える支出や投資の財源に充てると表明している。

【参照ページ】
(原文)Singapore Prices S$2.4 billion 50-year Inaugural Sovereign Green Bond; Public Offer now Open for Individual Investors
(日本語訳)シンガポール、初のグリーンボンド募集で24億シンガポールドルを調達

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2023-6-5

    人権デューデリジェンスとは何をすればよいか。海外事例から学ぶ。

    人権デューデリジェンスとは、事業活動の中で人権を侵害するような行為がないか調査して対応することであ…
  2. 世界の太陽光発電への投資額、史上初めて石油を上回る:IEA

    2023-6-2

    世界の太陽光発電への投資額、史上初めて石油を上回る:IEA

    5月25日、国際エネルギー機関(IEA)は、報告書「世界エネルギー投資2023」を発表した。クリー…
  3. 2023-6-2

    ICMA、LuxSEと共にESG債データベース公開

    5月17日、国際資本市場協会(ICMA)とルクセンブルク証券取引所(LuxSE)は、ICMAのサス…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る