Cognizant、2026年までの再エネ100%達成にコミット

4月5日、グローバル・コンサルティング企業のCognizantは、2026年までに自社施設(所有施設と賃貸施設を含む)で100%再生可能エネルギーを調達するという新たな目標を発表した。

新しい目標を達成するために、Cognizantはクリーンエネルギー開発業者と新たに電力購入契約を結び、施設の所有者を巻き込み、敷地内の太陽光発電の利用を拡大する予定だ。

Cognizantによると、今回の再生可能エネルギー計画は同社の温室効果ガス排出量削減の取り組みを支援するものだ。また同社は昨年、2030年までにネット・ゼロ・エミッションを達成し、2040年までに事業とサプライチェーン全体の排出量を90%削減するという目標を発表している。また、顧客が自らの二酸化炭素排出量を減らし、廃棄物を削減し、持続可能な製品開発を促進できるようなソリューションを開発することも約束した。

【参照ページ】
(原文)Cognizant commits to 100% renewable energy by 2026
(日本語訳)Cognizant、2026年までに100%再生可能エネルギーを約束

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る