JPモルガンCEO、年次書簡を発表。クリーンエネルギーへの大規模投資を重要視

4月5日、JPモルガン・チェースの会長兼CEOであるジェイミー・ダイモンは、株主への年次書簡を発表した。本書簡では、政治的な二極化からウクライナ戦争に起因する世界秩序の再構築などに焦点が当てられている。

同氏は、ウクライナ戦争による世界のエネルギーシステムの崩壊により、安全で信頼できる安価なエネルギー資源を提供する必要が増していると指摘し、2050年までのネット・ゼロ目標を達成するためには長期的なクリーンエネルギーの開発・推進が必要であるとした。本書簡では、国内でのエネルギー生産、特にガスの増産を求めると同時に、クリーンエネルギー源の開発への大規模な投資を促している。

また、クリーンな水素などの代替燃料の開発を含め、グローバルなネット・ゼロ目標を達成するためには、クリーンテクノロジーへの投資を大幅に拡大する必要があることも指摘した。

【参照ページ】
(参考記事)JPMorgan’s Dimon Calls For Increased Gas Production Alongside Massive Investment In Clean Energy Tech
(日本語訳)JPモルガンCEO、年次書簡を発表。クリーンエネルギーへの大規模投資を重要視

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る