Verdantix、ネット・ゼロ、気候リスクに特化した新サービスを開始

4月5日、独立系調査・アドバイザリー企業であるVerdantixは、企業幹部が気候リスクの緩和・適応戦略を実施・強化し、ネット・ゼロ・エミッション投資計画の支援を目的とした、ネット・ゼロと気候リスクに関する専門サービスの開始を発表した。

Verdantixは新サービスを通じてネット・ゼロ戦略やTCFD報告、気候リスク管理、炭素市場の発展に関する技術的ソリューションとサービスについての調査や分析を行う。カバーする分野は、ネット・ゼロ・エミッション、TCFD開示、炭素管理ソフトウェア、気候変動コンサルティング、炭素市場、物理的気候リスク、エネルギー移行、建物の脱炭素化などである。

2008年に設立されたVerdantixは、企業経営者・投資家・技術系幹部・サービス企業のリーダー向けに、環境・健康・安全、ESG・サステナビリティ、オペレーションエクセレンス、スマートビルディングに関するデジタル戦略に焦点を当てたリサーチとアドバイザリーサービスを提供している。

【参照ページ】
(原文)Verdantix Launches Net Zero And Climate Risk Practice To Enhance Mitigation And Adaptation Strategies
(日本語訳)Verdantix、緩和と適応の戦略を強化するために、ネットゼロと気候リスクの実践を開始

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る