FII InstituteとESG Book、新興市場企業のためのESGスコアを発表

FII InstituteとESG Book、新興市場企業のためのESGスコアを発表

10月30日、サステナビリティ・データとテクノロジーのプロバイダーであるESG Bookと非営利財団Future Investment Initiative(FII)Instituteは、新興市場(EM)企業のESGデータの質を向上させ、持続可能な投資資金の流れを促進することを目的とした新しいソリューションセットである「Inclusive ESG Tool」と「Inclusive ESG Score」を発表した。

両組織によると、新ソリューションは、世界のGDPの半分以上を新興市場が占めているにもかかわらず、ESG資本フローの10%未満しか受けていないという、数兆ドル規模のESG投資ギャップを解決することを目的としている。FII Instituteによると、投資家はESG格付け機関が新興国市場への投資フローの主要な障壁であると指摘しており、EMsに関連性のないKPIが使用されていることが中心的な課題の一つであるという。

新しいツールキットの主要な分析指標は、包括的モメンタム・スコアで、企業の持続可能性パフォーマンスの現在と進行中の変化を統合し、将来のESGパフォーマンスを示すことを目的としている。モメンタム・スコアは、現在のESGパフォーマンス・スコアとディスクロージャー・スコアと組み合わせて、企業の持続可能性パフォーマンスを総合的に評価する。

両組織はまた、最も持続可能な新興市場企業を特定することを目的とした、新しいスコアに基づくトップ250包括的ESGランキングの開始も発表した。

【参照ページ】
(参考記事)New Tool to Reduce $5.4 trillion ESG Investment Gap in Emerging Markets

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る