AppleとNike、サプライチェーンのクリーンエネルギー導入を加速するイニシアティブを開始

10月26日、米国の大企業連合は、クリーンエネルギーの探求と導入に必要なスキルと知識を企業に提供することで、サプライチェーンの排出量に対処することを目的とした新たな取り組み、クリーンエネルギー調達アカデミーの開始を発表した。

本プロジェクトは、非営利団体Clean Energy Buyers Institute(CEBI)を通じてAppleとNikeが開始し、Amazon、Meta、PepsiCo、REI Co-opなどの企業が設立団体として加わった。

Appleは2015年にSupplier Clean Energy Programを設立し、再生可能エネルギー調達オプションに関する情報、トレーニング資料、国別情報、データインサイト、再生可能エネルギー専門家とのエンゲージメント機会、政策提言などのリソースをサプライヤーに提供している。同社は最近、28カ国にまたがる250社以上のサプライヤーが、2030年までにすべてのApple製品の生産に再生可能エネルギーを使用することを約束したことを明らかにし、Appleは2023年9月に初のカーボンニュートラル製品であるApple Watchのラインナップを発表した。

【関連記事】Apple、初のカーボンニュートラル製品を発表

CEBIによると、本イニシアティブは、サプライチェーンへのクリーンエネルギーの統合を加速するために設計されたもので、設立組織がそれぞれの専門知識と社内のトレーニングリソースをプールし、研修生がクリーンエネルギーの顧客として迅速に成熟できるような共有カリキュラムと提供プロセスを開発する。

【参照ページ】
(参考記事)Apple and Nike spearhead new corporate clean energy procurement scheme

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る