DWSとMEAG、バイオメタン製造会社Weltecを買収

DWSとMEAG、バイオメタン製造会社Weltecを買収

10月30日、欧州最大級の資産運用会社であるDWSと、ミュンヘン再保険およびERGOの資産運用会社であるMEAGは、ドイツのバイオメタン・バイオガス製造会社Weltecの共同買収を発表した。

ニーダーザクセン州ヴェヒタを拠点とするWeltecは、ドイツ全土で5つのバイオメタンガスと4つのバイオガスプラントを所有・運営している。

バイオガスは、農業廃棄物、産業廃棄物、家庭廃棄物などの有機廃棄物から、廃棄物施設や埋立地の嫌気性消化槽で生産され、さらに処理されてバイオメタン/バイオLNGが生産される。バイオメタンは化学的には化石ベースの天然ガスと同じだが、生涯温室効果ガス排出量が大幅に少ないため、既存の送配電インフラ部門を交換することなく、道路輸送や重工業など脱炭素化が困難な部門を支援することができる。

両社によると、今回の買収は、欧州のバイオメタン市場が急拡大する中で行われたもの。クリーンエネルギーの生産能力を増強し、ロシアの化石燃料への依存を急速に減らすEU戦略であるRePowerEU計画によると、生産量は2030年までに10倍に拡大する予定である。

DWSとMEAGの下で、Weltecはバイオメタン生産量を大幅に増加させるための投資を目指しており、これにはバイオガスを生産するためのバイオガスプラントのアップグレードや、プラントの原料構成を持続可能な廃棄物ベースのものに移行することも含まれる。Weltecによると、二酸化炭素排出量をさらに削減するため、CO2液化技術の導入も投資対象に含まれる。

DWSの投資は、3番目の機関投資家向け汎欧州インフラファンド(PEIF III)を代表して行われた。2019年に開始された本ファンドは、2021年の最終クローズ時に30億ユーロ(約4,816億円)を調達した。

【参照ページ】
(参考記事)DWS and MEAG acquire German biomethane producer Weltec

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る