トヨタ、約3,800億円を投じて米国でEV用電池の生産能力を増強

トヨタ、約3,800億円を投じて米国でEV用電池の生産能力を増強

10月18日、トヨタ自動車は、米国における電気自動車用電池の生産能力増強のために、2030年までに34億ドル(約3,800億円)を投資する計画を発表した。この計画は、135億ドルを投じたEV用電池の現地生産化戦略の一環であり、急速に成長している米国のEVエコシステムにさらなる資本を投入するものだ。

今回の発表に伴い、トヨタモーターノースアメリカと豊田通商が新会社を設立し、2025年の


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アマゾン、グローバルな事業展開のための実用規模の再生可能エネルギープロジェクトを次々と発表

    2021-12-2

    Amazon、グローバル再生可能エネルギープロジェクトを次々と発表

    Amazonは、米国、フィンランド、ドイツ、イタリア、スペイン、英国において、18件の風力・太陽光…
  2. 2021-12-2

    KKR、ESG戦略を推進するためにサステナビリティ・エキスパート・カウンシルを設立

    グローバルなオルタナティブ・アセット&プライベート・エクイティ投資家であるKKRは、ESGに関する…
  3. 経済産業省

    2021-12-2

    経産省、日本企業のサプライチェーンにおける人権に関する取組状況のアンケート調査結果を公表

    11月30日、経済産業省は、外務省と連名で実施した、「日本企業のサプライチェーンにおける人権に関す…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る