排出量ゼロ・トラック開発のウインドローズ、170億円調達

4月11日、電動大型トラック開発企業のウインドローズ・テクノロジーは、シリーズB資金調達ラウンドで1億ドル(170億円)を調達したと発表した。

2022年に中国で設立されたウインドローズ・テクノロジーは、中国、米国、欧州などの市場をターゲットとし、ゼロ・エミッションでコンピュータ制御の長距離トラックを開発している。同社初の電気長距離トラックの航続距離は49トン満載で670km、プラットフォームは800Vの高電圧急速充電プラットフォームを使用し、36分以内に400kmの航続距離を補充できる。

欧州では、大型車の排出ガスを2030年までに45%、2040年までに90%削減することを義務付ける新しい規制が開始され、米国では環境保護局(EPA)が大型車の排出ガス削減基準を制定、今後数年間で電気自動車への大幅な移行を義務付けるなど、各国政府が道路交通の脱炭素化を進めるなか、今回の資金調達が実現した。

ウインドローズによると、今回の資金調達で得た資金は、同社の電気式長距離トラックの世界的な試験と配備の加速、新たなサプライチェーンセンターと生産施設の設立、急速充電インフラの導入に充てられる。

本資金調達ラウンドの投資家には、HSBC、HITEヘッジ・アセット・マネジメント、グッドマン・グループのほか、グローバル・ブランドや物流企業が名を連ねた。資金調達の一部には、HSBCがHSBCニュー・エコノミー・ファンドを通じて主導した銀行借入が含まれており、新興企業やハイテク主導の事業への資金供給に注力している。

【参照ページ】
(原文)Zero-Emission Truck Developer Windrose Technology Completes US$110 Million Series B Financing
(日本語参考訳)ゼロ・エミッション・トラック開発のウインドローズ・テクノロジー、1億1000万米ドルのシリーズB融資を完了

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る