FCA、グリーンウォッシング防止ルールを確認し、持続可能性枠組みの拡張を提案

英金融行動監督機構(FCA)は5月31日にグリーンウォッシング防止ルールを施行する。当ルールに先立ち、FCAはこの基準を満たすためのガイダンスで業界を支援する。

当ルールは、販売される持続可能な商品やサービスが正確に説明されていることを保証することで、消費者を保護することを目的としている。

当ルールは、 サステナブルファイナンスに対する消費者の高い関心を反映している。今回の取り組みによって、持続可能性に関連する金融商品に投資する消費者が十分な情報を得た上で意思決定できるよう支援し、金融セクターの長期的な成長と競争力を支援する。

FCAはまた、消費者の選択を容易にするため、サステナブル投資の表示・説明の方法に関する要件をポートフォリオ・マネージャーに拡大することについても協議している。ポートフォリオ・マネージャーとは、消費者のために投資グループを管理する会社のことで、標準化された商品として提供されることもあれば、オーダーメイドのサービスとして提供されることもある。

ポートフォリオ・マネージャーに提案されている持続可能性開示要件と投資ラベル制度は、2023年11月に資産運用会社に導入されたものをほぼ反映している。当制度は以下の2点を含むものとなっている。

  • 消費者の資金が何に使われているかを示す商品ラベル
  • 環境または社会に良い結果をもたらすと製品に表示する際にはその主張を裏付けることができる場合のみであるとすること

FCAは、地球と人々に良い影響を与える商品への投資に関心を寄せる消費者のため、市場の健全性を高め、人々が十分な情報を得た上で自分のお金について決断できるようになることを目指すと示している。

【参照ページ】
(原文)FCA confirms anti-greenwashing guidance and proposes extending sustainability framework
(日本語参考訳)FCA、反グリーンウォッシング指針を確認し、持続可能性枠組みの拡張を提案

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る