投資会社abrdn、MyFolio投資商品にサステナブルインデックスシリーズを追加発売

7月6日、英国の投資会社abrdnは、既存のMyFolioのフランチャイズを拡張し、新しいサステナブル・インデックスシリーズを立ち上げると発表した。

同社によると、MyFolioサステナブルインデックスファンドは、環境および社会的リスクと機会を考慮し、優れたコーポレートガバナンスを推進しながら、定められたリスクレベルで運用され、長期的な成長を目指している。

MyFolioインデックスラインは、マルチアセット・ファンド・オブ・ファンズで構成され、個別のレンジとリスクレベルに分けられ、アドバイザーや顧客の長期投資のニーズを満たすために、費用対効果が高く、リスクに応じたソリューションを提供することを目的としている。

本ファンドは、人と地球を取り巻くリスクの低減を目指すファンドや、サステナビリティのスコアが低い企業の方向転換を支援するファンドに投資する。また、問題のある兵器の製造に関わる企業や、人権、労働、環境、腐敗防止に関する国連基準を満たさない企業は、本シリーズから除外されている。

今回の発表は、アバディーン・スタンダード・インベストメンツ(ASI)がMyFolioサステナブル・ファンドシリーズを立ち上げ、アドバイザーや顧客を対象としたグローバル資産運用会社のファンド・オブ・ファンドの商品に、ESG投資に焦点を当てた5つの商品を追加したことに伴うものである。

【参照ページ】
(原文)abrdn launches MyFolio Sustainable Index range
(日本語訳)abrdn、MyFolio投資商品にサステナブルインデックスシリーズを追加発売

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る