世界銀行とIDB、開発効果の最大化に向けて協力

8月31日、世界銀行と米州開発銀行(IDB)は、ラテンアメリカとカリブ海諸国の人々のため、より強力な成果を推進する画期的な4年間のパートナーシップを発表した。

さらに、世界銀行の政治リスク保険部門であるMIGAと、IDBグループの民間部門であるIDBインベストは、同地域の政治リスクを軽減するために協力することで合意した。両機関は、世界銀行の国際金融公社(IFC)とともに、同地域への民間セクターの投資誘致を推進する。

アマゾンでは、両機関はそれぞれの専門知識を結集し、生態系を保護しながらより良い生活を追求する人々を支援するため、革新的な金融手段を含め、各国のネット・ゼロ森林伐採への移行を支援する。

カリブ海諸国では、災害や気候変動によるショックを管理し、大災害が発生した場合に備えて財政的な保護メカニズムを開発するために、各国への支援を強化する。

また、各組織は、地域のデジタル開発を促進するために協力して行動することを約束した。行動計画は、この協力を通じて、デジタルインフラと接続性を効果的に拡大し、社会経済開発の加速に貢献することを提案している。世界銀行とIDBは、「Connected Schools for All」イニシアティブを通じて、教育におけるデジタル・ギャップを解消する計画を策定し、若者が明日の経済に必要なスキルを身につけられるよう支援する。革新的なパイロット・プログラムでは、地域の十分なサービスが行き届いていない地域に接続性をもたらし、より多くの人々がインターネットにアクセスできるようにすることで、新たな機会を引き出すと述べた。

【参照ページ】
(原文)World Bank and IDB Join Forces to Maximize Development Impact
(日本語参考訳)世界銀行とIDB、開発効果の最大化に向けて協力

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る