サステナビリティ・ソフトウェア・プロバイダーのPulsora、約29億円を調達

サステナビリティ・ソフトウェア・プロバイダーのPulsora、約29億円を調達

9月12日、企業サステナビリティ管理ソフトウェア会社Pulsora(旧PulsESG)は、シリーズA資金調達ラウンドで2,000万ドル(約29億円)を調達したと発表した。本資金調達は、同社のグローバル展開と、企業がサステナビリティとESGイニシアティブを測定、報告、改善できるようにするプラットフォームの成長を支援するものである。

Pulsoraは、2021年にPulsESGとして立ち上げられ、内部データソースと外部システムを活用したSaaS(Software as a Service)プラットフォームを提供し、組織がESGパフォーマンスを定義、測定、報告し、ESGデータの品質とスケジュールに関する問題に対処するのを支援している。昨年、同社はWorkdayとアクセンチュア・ベンチャーズからの戦略的投資を発表した。

新たな資金調達により、同社は、炭素会計を含む機能で企業のサステナビリティ管理プラットフォームを強化し、企業が進化するサステナビリティ規制を先取りできるように支援し、北米、ヨーロッパ、中東、オーストラリア、アジアに拠点を拡大することを目指すと述べた。

シリーズA資金調達ラウンドは、気候変動に特化した投資会社Galvanize Climate Solutionsが主導し、Carica Sustainable Investments、Sabancı Climate Ventures、Aramco Ventures、JetBlue Venturesのほか、既存の投資家であるFINTOP Capital、Builders VC、SOMPO Holdingsが参加した。

【参照ページ】
Sustainability Management Platform Pulsora Raises $20 Million for Global Expansion

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る