ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスの年次リバランス、主要ESGベンチマークにフィリップ・モリスとテンセントを追加

ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスの年次リバランス、主要ESGベンチマークにフィリップ・モリスとテンセントを追加

12月8日、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P DJI)は、ESG基準を用いて企業のパフォーマ ンスを測定するグローバル、地域、国の一連のベンチマークである、主要なダウ・ジョーンズ・サス テナビリティ・インデックス(DJSI)の年次リバランスと再構成の結果を発表した。

S&PグローバルBMIの上位2,500社のうち、長期的なESG基準に基づく上位10%の企業で構成されるダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス(DJSI World)の注目度の高い変更点としては、中国を拠点とするテクノロジー・プラットフォーム企業のテンセント・ホールディングス、タバコ企業のフィリップ・モリス・インターナショナル、米国のソフトウェア企業のサービスナウが追加された。一方、フリー・フロート時価総額に基づく上位3社の削除はそれぞれ、ノバルティス、アストラゼネカ、アムジェンなどのヘルスケア企業であった。

DJSIは、環境、社会、ガバナンスの基準で世界の主要企業のパフォーマンスを追跡することにより、サステナビリティ配慮を統合したポートフォリオを作成できるように設計された一連の指数である。S&P DJIは、現在S&Pグローバル傘下のサステナブル・アセット・マネジメント・グループ(SAM)と共同で、1999年に本インデックスを作成した。

DJSI指数の構成銘柄を選定する際の重要な要素は、S&Pグローバルが毎年実施している企業サステナビリティ評価(CSA)に基づいて算出される企業のS&PグローバルESGスコアである。

ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ノースアメリカ・インデックスには、ザ・コカ・コーラ・カンパニー、ゼネラル・エレクトリック、GEヘルスケア・テクノロジーなど17社が、DJSIヨーロッパには、自動車メーカーのステランティス、ボルボ・カーズ、航空宇宙・防衛企業のエアバス、BAEシステムズなど16社が、DJSIアジア・パシフィックには、起亜コーポレーション、リオ・ティントなど12社が追加された。

構成銘柄の変更は2023年12月18日より有効となる。

【参照ページ】
(参考記事)S&P Dow Jones Indices Announces Dow Jones Sustainability Indices 2023 Review Results

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る