ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスの年次リバランス、主要ESGベンチマークにフィリップ・モリスとテンセントを追加

ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスの年次リバランス、主要ESGベンチマークにフィリップ・モリスとテンセントを追加

12月8日、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P DJI)は、ESG基準を用いて企業のパフォーマ ンスを測定するグローバル、地域、国の一連のベンチマークである、主要なダウ・ジョーンズ・サス テナビリティ・インデックス(DJSI)の年次リバランスと再構成の結果を発表した。

S&PグローバルBMIの上位2,500社のうち、長期的なESG基準に基づく上位10%の企業で構成されるダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス(DJSI World)の注目度の高い変更点としては、中国を拠点とするテクノロジー・プラットフォーム企業のテンセント・ホールディングス、タバコ企業のフィリップ・モリス・インターナショナル、米国のソフトウェア企業のサービスナウが追加された。一方、フリー・フロート時価総額に基づく上位3社の削除はそれぞれ、ノバルティス、アストラゼネカ、アムジェンなどのヘルスケア企業であった。

DJSIは、環境、社会、ガバナンスの基準で世界の主要企業のパフォーマンスを追跡することにより、サステナビリティ配慮を統合したポートフォリオを作成できるように設計された一連の指数である。S&P DJIは、現在S&Pグローバル傘下のサステナブル・アセット・マネジメント・グループ(SAM)と共同で、1999年に本インデックスを作成した。

DJSI指数の構成銘柄を選定する際の重要な要素は、S&Pグローバルが毎年実施している企業サステナビリティ評価(CSA)に基づいて算出される企業のS&PグローバルESGスコアである。

ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ノースアメリカ・インデックスには、ザ・コカ・コーラ・カンパニー、ゼネラル・エレクトリック、GEヘルスケア・テクノロジーなど17社が、DJSIヨーロッパには、自動車メーカーのステランティス、ボルボ・カーズ、航空宇宙・防衛企業のエアバス、BAEシステムズなど16社が、DJSIアジア・パシフィックには、起亜コーポレーション、リオ・ティントなど12社が追加された。

構成銘柄の変更は2023年12月18日より有効となる。

【参照ページ】
(参考記事)S&P Dow Jones Indices Announces Dow Jones Sustainability Indices 2023 Review Results

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る