bpとClean Planet Energy、難リサイクル性プラスチックの循環型ソリューション推進に向け契約

エネルギー大手bpとクリーンテクノロジー企業Clean Planet Energy、難リサイクル性プラスチックの循環型ソリューションで契約

5月9日、エネルギー大手bpは、クリーンテクノロジー、再生可能エネルギー、代替エネルギーを扱うClean Planet Energy(CPE)と、リサイクル困難なプラスチックの循環型ソリューションを推進するための新たな長期契約の締結を発表した。

CPEは現在、リサイクル困難な廃プラスチックを循環型石油化学原料や超低硫黄ディーゼル(ULSD)に転換するための施設(エコプラント)の開発を進めている。

bpは、CPEがイングランド北東部のティーサイドに建設中の最初の施設から生産物を受け取る。当施設は、リサイクル困難なプラスチックをナフサに変換し、循環型プラスチックバリューチェーンの原料として使用するものである。CPEのエコプラントは、従来のリサイクルセンターでは受け入れられず、埋め立てや焼却に回されることが多かったプラスチックの処理を可能にする。ティーサイドの施設では、年間20,000トンの廃プラスチックをナフサとULSDに処理することが期待されている。

CPEは、リサイクル困難なプラスチック廃棄を年間100万トン以上排除する目標を掲げている。CPEは現在、世界各地で12基のエコプラントを建設中で、そこから毎年25万トンの廃棄物を埋立地や自然環境から除去していく。両社によると、CPEはbp社にティースサイド以外の工場からも生産物を提供する予定である。

【参照ページ】
(原文)bp and Clean Planet Energy reach agreement to help advance the circular plastics economy
(日本語訳)エネルギー大手bpとクリーンテクノロジー企業Clean Planet Energy、難リサイクル性プラスチックの循環型ソリューションで契約

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る