ISS ESG、ESG投資商品の情報開示ソリューションを提供開始

ISS ESG、ESG投資商品の情報開示ソリューション提供開始

5月9日、インスティテューショナル・シェアホルダー・サービス(ISS)の責任投資部門であるISS ESGは、投資マネージャーやその他の金融市場参加者が、EUのSFDRなど、ESG投資商品に関する新しい規制開示要件を満たせるように、規制対応型のESG投資ソリューションを発表した。

金融市場参加者がESG投資の需要急増に対応するために新しい投資商品を導入する中、規制当局は、ESG投資を構成するものを定義し、グリーンウォッシングなどの懸念に対処するための新しい基準や要件を策定している。例えば、EUのサステナブルファイナンス開示規則(SFDR)は、ESG特性を促進するファンド(第8条)やESG投資目的(第9条)のための開示要件を定めており、具体的なサステナビリティの目的、目的の達成度を測るための指標、他のサステナビリティの目的に対する主要な悪影響の考慮、投資選択戦略などに関する報告が含まれている。

ISS ESGによると、 規制対応型のESG投資ソリューションは、ユーザーが第8条および第9条のラベル付き商品のSFDR報告義務を果たすのに役立ち、米国、カナダ、香港、シンガポール、台湾、インド、フィリピンなど他の法域の新しい要件もカバーする。本ソリューションでは、財務的に重要なESGリスク、サステナブルな目標への貢献、サステナビリティへの悪影響、優れたガバナンスなど、ESG報告要件に共通する柱を考慮している。ユーザーは、ESG投資についての解釈を定義し、その目的を満たすファンド、商品、ポートフォリオの割合を定量化することが可能である。

12,000社以上の発行体からなるユニバースで発売される本ソリューションでは、企業レベルの分析、関連分野のスクリーニング、企業の係争への関与の判断が可能で、ユーザーが選択したサステナブル・ファイナンスのテーマと開示ニーズに合わせた評価も行えるようになっている。

【参照ページ】
(原文)ISS ESG Launches Regulatory Sustainable Investment Solution
(日本語訳)ISS ESG、ESG投資商品の情報開示ソリューション提供開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る