投資運用会社SSGA、ポートフォリオの脱炭素目標を発表

投資運用会社SSGA、ポートフォリオの脱炭素目標を発表

4月28日、世界最大級の投資運用会社であるステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)は、同社のネット・ゼロ投資コミットメントの一環として、脱炭素に焦点を当てた一連の新しいポートフォリオの中間目標を発表した。

今回の新しい目標の導入は、SSGAが昨年ネット・ゼロ・アセット・マネージャー・イニシアチブで表明した、2050年までに投資ポートフォリオでネット・ゼロを達成するという公約を受けて行うものである。

新しい目標には、ネット・ゼロ・ポートフォリオのカバー率、エンゲージメント、資金調達による排出削減の目標を含む。SSGAは、炭素集約型セクターにおいて、2040年までにポートフォリオの100%を、ネット・ゼロを達成しているか、ネット・ゼロに沿った資産に投資することを目指す。SSGAの新たなエンゲージメント目標としては、2030年までに融資された排出量の90%をネット・ゼロの経路に合わせる、またはエンゲージメントおよびスチュワードシップアクションの対象として達成する。また、SSGAは、2019年を基準として、2030年までにポートフォリオレベルで融資したスコープ1および2の排出強度を50%削減する目標も設定している。

【関連記事】
ステート・ストリート、TCFDに準拠した気候情報の開示を企業に要求
ネット・ゼロ・アセット・マネージャーズ、43金融機関がネット・ゼロに沿った中間目標を開示

【参照ページ】
(原文)ACCELERATING GROWTH. 2021 ESG Report

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る