投資運用会社SSGA、ポートフォリオの脱炭素目標を発表

投資運用会社SSGA、ポートフォリオの脱炭素目標を発表

4月28日、世界最大級の投資運用会社であるステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)は、同社のネット・ゼロ投資コミットメントの一環として、脱炭素に焦点を当てた一連の新しいポートフォリオの中間目標を発表した。

今回の新しい目標の導入は、SSGAが昨年ネット・ゼロ・アセット・マネージャー・イニシアチブで表明した、2050年までに投資ポートフォリオでネット・ゼロを達成するという公約を受けて行うものである。

新しい目標には、ネット・ゼロ・ポートフォリオのカバー率、エンゲージメント、資金調達による排出削減の目標を含む。SSGAは、炭素集約型セクターにおいて、2040年までにポートフォリオの100%を、ネット・ゼロを達成しているか、ネット・ゼロに沿った資産に投資することを目指す。SSGAの新たなエンゲージメント目標としては、2030年までに融資された排出量の90%をネット・ゼロの経路に合わせる、またはエンゲージメントおよびスチュワードシップアクションの対象として達成する。また、SSGAは、2019年を基準として、2030年までにポートフォリオレベルで融資したスコープ1および2の排出強度を50%削減する目標も設定している。

【関連記事】
ステート・ストリート、TCFDに準拠した気候情報の開示を企業に要求
ネット・ゼロ・アセット・マネージャーズ、43金融機関がネット・ゼロに沿った中間目標を開示

【参照ページ】
(原文)ACCELERATING GROWTH. 2021 ESG Report

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る