BNPパリバAM、アジアにおけるサステナブル・シティファンドを設立

BNPパリバAM、アジアにおけるサステナブル・シティファンドを設立

5月9日、BNPパリバ・アセット・マネジメント(BNPP AM)は、「BNPパリバ サステナブル・アジア・シティ債」ファンドの運用開始を発表した。本ファンドは、アジアにおけるサステナブルな都市設計がもたらす数十年にわたる成長機会へのアクセス提供を目的とした新しいインカムファンドである。

BNPP AMによると本ファンドは、SFDR第9条に分類される、市場初のアジアにフォーカスした債券戦略である。

BNPP AMは、新ファンドは地域別・テーマ別戦略へのアクセスを投資家に提供すると同時に、都市化の進展、気候変動の影響、包括的成長といった課題に対応したサステナブルなアジア都市の推進に貢献すると述べている。

本ファンドのポートフォリオ選択プロセスは、2つのアプローチに分かれている。1つはクリーン交通、再生可能エネルギー、医療インフラなど、サステナブル・シティに関連するプロジェクトや活動に投資する、サステナブル・ラベル債への投資である。もう1つは、スマートグリッド技術に直接寄与する事業から収益の20%以上を得ているESG審査対象発行体や不動産開発業者など、サステナブル・シティに貢献する発行者の債券への投資である。

【参照ページ】
(原文)BNP Paribas Asset Management launches first sustainable thematic Asian fixed income fund
(日本語訳)BNPパリバAM、アジアにおけるサステナブル・シティファンドを設立

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る