プラスチックに関するファイナンス・リーダーシップ・グループ、汚染をなくすための国際的な文書の作成に貢献

プラスチックに関するファイナンス・リーダーシップ・グループ、汚染をなくすための国際的な文書の作成に貢献

5月19日、UNEP FIが招集したプラスチックに関する金融リーダーシップ・グループは、プラスチック汚染を終わらせるためにあらゆる源からの資金を加速的に動員し、規模を拡大するための合意形成を支援することを目的とした重要メッセージを発表した。

金融リーダーシップ・グループは、資金の流れを協定の目的に合わせるために、本制度が含むべき一連の手段を特定した。

  • サステナブルファイナンスの分類法、ターゲット、測定基準を調和させ、プラスチック汚染をなくすための解決策の共通の階層と基準を設定し、企業や金融機関の投資や融資の意思決定に反映させること。
  • 事業、バリューチェーン、金融ポートフォリオにおけるプラスチック汚染に関連するデータの標準化された最小セットで、企業や金融機関に対してプラスチック関連のリスクと影響に関する開示の枠組みや要件を義務付けること。
  • 世界的な基準設定ネットワークと連携し、プラスチック汚染を金融規制・監督の枠組みに組み込むこと(環境と人の健康に対するリスクと影響を含む)。
  • 汚染をなくすための解決策、イノベーション、循環型ソリューションの経済的・財政的実行可能性を確保し、地球、人々、社会に対するさまざまなプラスチックの外部性コストを完全に考慮するために、政策、官民パートナーシップ、混合金融、リスク軽減メカニズムなどを通じて民間投資の触媒となること。
  • プラスチック汚染の問題に取り組むことは、GHG排出量の削減と生物多様性の損失への対処にも貢献するため、気候変動と生物多様性のアジェンダとの相互リンクを刺激し促進するために、プラスチック汚染をなくすためのソリューションと気候変動と生物多様性の危機を対象とするソリューション間のコベネフィットおよび資金の流れの相乗効果を最適化すること。
  • 政府に対しては民間金融の役割と動員について、金融セクターに対してはプラスチックのバリューチェーンについて、利害関係者が協定の下で義務を果たせるようにするための能力開発をすること。
  • あらゆる源からの資金の流れ、プラスチック、プラスチックバリューチェーン、プラスチック汚染の定義を明確にすること。

【参照ページ】
(原文)Finance Leadership Group on Plastics contributes to development of international instrument to end plastic pollution
(日本語訳)プラスチックに関するファイナンス・リーダーシップ・グループ、プラスチック汚染をなくすための国際的な文書の作成に貢献

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る