WWF、農場での食品ロスを測定・報告するツールを発表

世界自然保護基金(WWF)は、生産者が農場での食品ロスを測定・報告できる「グローバル・ファーム・ロス・ツール」を発表した。

当ツールは、WWFが開発し、消費財フォーラム(CGF)の食品廃棄物連合(Food Waste Coalition)のメンバーとその生産者とともにテストされている。農家とそのバイヤーが、農場での食品ロスの原因を特定し、Scope3排出量などの関連する影響に対処できるよう、使いやすく簡素化されたアプローチを提供する。

このツールは、農場での食品ロスを削減することを目標としている。WWFと小売業大手のテスコの調査によると、世界中で年間12億トン(全生産食品の約15%)が、収穫中、収穫前後、収穫後の農場で失われている。しかし、生産者やバイヤーは、収穫されずに残された食品の量に関する限られたデータしか持っていないため、食品ロスのうちどの程度が市場流通可能なものなのか、市場流通不可能なものなのか、腐敗しているものなのかを知ることができない。

当ツールは、生産者とバイヤーが現在の食品ロス量を把握し、生産されたものをより多く利用するための実用的な情報を提供する。このツールは、ポストハーベストや、農場での作業において、どれだけ成熟したものが食品ロスとなったかを推定するために使用することができる。

Global Farm Loss Toolは、世界資源研究所(WRI)の10x20x30や気候変動対策NGOであるWRAPのFood Waste Atlas、国連食糧農業機関のFood Loss Indexなど、既存の評価プログラムと互換性がある。WRI内プロジェクトのChampions 12.3 によって承認されたこのツールは、既存の農場持続可能性報告の枠組みにも統合され、農場での食品ロスに関連するScope3 排出量を推計する新たな機能を今後開発する予定である。

【参照ページ】
(原文)WWF collaborates with The Consumer Goods Forum to launch new Global Farm Loss Tool to tackle upstream food loss along global supply chains

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る