世界のトップ企業、グリーン市場参入の必要性に関する報告書を発表

 

1月12日、ネット・ゼロ移行を加速させることを約束する世界のトップ企業で構成される「 CEOクライメート・リーダーズ・アライアンス(Alliance of CEO Climate Leaders)」は新しい報告書の中で、グリーン市場の早期参入が企業の成功に繋がることを示した。

本報告書によると、持続可能な素材と低炭素製品に対する需要の高まりは、急速に転換点を迎えつつあり、業界のリーダーたちは、10年以内に「大規模なグリーン市場」が出現すると考えているという。

本報告書『Winning in Green Markets』は、ボストン・コンサルティング・グループと共同で作成され、企業のサステナビリティに関するコミットメント、グリーンテクノロジーのコスト、部門や地域を超えたサステナビリティリーダーへのインタビューに基づいている。

本報告書は、『グローバルリスク報告書2023』の発表を受けて作成された。『グローバルリスク報告書2023』は、 ビジネスと社会にとっての最大のグローバルリスクとして「気候変動の緩和と適応の失敗」を取り上げ、これらの脅威に対処するために「協調的、集団的行動」と部門を超えた協力を促している。

【関連記事】世界経済フォーラム、「グローバルリスク報告書2023 」を発表

同アライアンスのメンバーは、ダボスで開催される世界経済フォーラム年次総会2023で会合を開き、バリューチェーン全体の変化を促進し、低炭素製品や材料の需要を喚起する。同アライアンスは、市場参入戦略の成功に不可欠な要素は、コラボレーションであると主張している。

PwCと共同で作成した2つ目のレポート『Accelerating Business Action on Climate Change Adaptation』では、企業が政府・国際機関・コミュニティと協力して、世界がすでに直面している気候変動による危険にどのように適応していけるかを示している。エジプトで開催されたCOP27では、特にパキスタンで発生した壊滅的な洪水を受けて、気候変動への適応が大きな焦点となった。企業はこれまで、適応に関する世界的な取り組みにおいて小さな役割しか果たしておらず、民間からの資金調達はわずか3%にとどまっている。

気候変動が企業に与える財務的影響は、年間売上高の最大10%に達する可能性があるが、適応策に積極的に取り組む企業は、利益を得ることができる。

【参照ページ】
(原文)Climate CEOs: Green Demand Is Fast Outpacing Supply, Opportunity for Early Movers to Build Market Share
(日本語参考訳)世界のトップ企業、グリーン市場参入の必要性に関する報告書を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る