プライベートマーケット向けESGデータプラットフォーム「Novata」が約40億円を調達

2月28日、民間市場のESGに特化したテクノロジー・プラットフォームであるNovataは、ESGデータ管理プラットフォームの商業的立ち上げから1年未満で、シリーズB資金調達ラウンドで3000万ドル(約40億円)を調達したことを発表した。

Novataは、S&Pグローバル、Ford財団、資産運用会社Hamilton Lane、社会変革に特化した投資会社Omidyar Networkを含むコンソーシアムが2021年に設立し、複数の大手プライベートエクイティ企業や年金基金が支援・助言する公益法人で、プライベート市場の投資家にESG測定、データ収集、ベンチマークに関するソリューションを提供し、ESGデータに関する報告を可能にすることを目的とした会社である。

2022年4月の商業開始以来、Novataのプラットフォームは強い需要があり、すでに3500社以上の民間企業がプラットフォームの利用を契約している。Novataは2022年11月にプラットフォームの機能を拡張し、ユーザーがESGデータを業界平均と比較し、改善の機会を特定できるようにするベンチマーク・ツールを追加した。

本資金調達ラウンドは Hamilton Lane が主導し、他の既存投資家であるフォード財団、S&P グローバル、そしてNovataの創業者たちが参加した。Novataはまた、マイクロソフトが気候変動基金を通じて今回の資金調達ラウンドの投資家コンソーシアムに参加したことを発表した。

【参照ページ】
(原文)Novata Closes Series B Funding Round With $30 Million Raised

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る