世界経済フォーラム、「グローバルリスク報告書2023 」を発表

世界経済フォーラム、「グローバルリスク報告書2023 」を発表

1月11日、世界経済フォーラム(WEF)は「グローバルリスク報告書2023」を刊行した。本報告書は、現在の経済的・社会的・環境的・技術的緊張から生じる主要リスクを分析しており、今回で第18版となる。

同報告書は、1200名以上のグローバルリスク有識者・政策立案者・産業界リーダーの見解を踏まえ、「今後10年間の深刻なグローバルリスク」上位10位として以下を挙げた。


1位:気候変動緩和策の失敗

2位:気候変動への適応(あるいは対応)の失敗

3位:自然災害と極端な異常気象

4位:生物多様性の喪失や生態系の崩壊

5位:大規模な非自発的移住

6位:天然資源危機

7位:社会的結束の侵食と二極化

8位:サイバー犯罪の拡大とサイバーセキュリティの低下

9位:地政学的対立

10位:大規模な環境破壊事象


本調査では、今後2年間という短期に直面する最も深刻な脅威として、「生活費危機」が挙げられている。次に、「自然災害」と「異常気象」、そして「地政学的対立」が、直近の最も深刻なリスクの上位3つに挙げられている。

一方、10年後という長期になると「気候変動」への対処に失敗した場合が最も大きなリスクとして浮かび上がってくる。「気候変動」の緩和の失敗から「生物多様性」の損失、生態系の崩壊まで、今後10年間の最も深刻なリスクのトップ4は、すべて環境問題である。実際、「生活費の危機」はトップ10から完全に脱落し、「地政学的対立」は9位に減少した。

【関連記事】世界経済フォーラム、「グローバルリスク報告書2022」を発表

【参照ページ】
The Global Risks Report 2023 18th Edition

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る