世界経済フォーラム、「グローバルリスク報告書2022」を発表

世界経済フォーラム、「グローバルリスク報告書2022」を発表

1月11 日、世界経済フォーラム(WEF)は、「グローバルリスク報告書2022」を発表した。本報告書によると、トップ3の長期リスクは気候変動関連で全て占められた(1.気候変動対応への失敗、2.異常気象、3.生物多様性の喪失)。

一方、短期のトップリスクは社会的分裂、生活破綻の危機、そしてメンタルヘルスの悪化などが挙げられている。さらに、ほとんどの有識者が今後 3 年間の世界的な回復は不安定で不均衡なものになると考えている。

今回で 17 回目となる本報告書は、四半期ごとの報告サイクルや政策立案だけにとらわれず、今後数年間に起き得るリスクの管理と対応策の検討の必要性をリーダーたちに呼びかけている。さらに報告書では、「サイバーセキュリティ」、「宇宙開発競争」、「無秩序な気候変動対策」、そして「移民の圧力」の 4つの新興リスクについても探求しており、これらのリスクを効果的に管理するためにはグローバルな協調が必須であることが示されている。

本報告書は、新型コロナウイルス感染拡大によるパンデミックの 2 年目を振り返り、国レベルのレジリエンスについて新たな洞察を得て、締めくくられている。また、最終章では、世界経済フォーラムのリスク専門家コミュニティである Chief Risk Officers Community と Global Future Council on Frontier Risks を活用して、組織のレジリエンスを実現するための実践的なアドバイスを提供している。

【参照ページ】
(原文)Climate Failure and Social Crisis Top Global Risks 2022
(日本語訳)グローバルリスク報告書 2022 年版:気候変動への適応の失敗と社会的危機

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る