Vanguard、インパクト投資ファンドの運用を開始を発表

Vanguard、インパクト投資ファンドの運用を開始を発表

1月19日、世界最大級の投資運用会社であるVanguardは、「Vanguard Baillie Gifford Global Positive Impact Stock Fund」を立ち上げ、ESG商品のラインアップを拡充し、社会・環境にプラスの影響を与えると同時にリターンを生み出す企業を対象にインパクト投資ファンドを提供する予定であることを明らかにした。

また、 Vanguard は「Baillie Gifford Positive Change Equities Fund」を新しいインパクト・ファンドと組み合わせることを発表している。2017年にローンチされたBaillie Giffordファンドは、社会的包摂、教育、環境、資源ニーズ、ヘルスケア、生活の質、世界の最貧困層のニーズへの対応など、ポジティブな社会変化の分野を実現できるグローバルな高品質成長企業に投資している。

Vanguard は、米国証券取引委員会にファンドの初期登録書を提出し、2022年第2四半期にファンドをローンチし、その後、Baillie Gifford Positive Change Equities Fundを採用し、第3四半期に一般投資可能なファンドにする予定であると述べている。

【参照ページ】
(原文)Vanguard to Expand ESG Lineup with Positive Impact Stock Fund
(日本語訳)Vanguard、インパクト投資ファンドの運用を開始を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る