RightShip、外航船舶の温室効果ガス排出量を測定・報告するツールセットの提供を開始

RightShip、外航船舶の温室効果ガス排出量を測定・報告するツールセットの提供を開始

1月19日、船舶関連商品に特化した第三者リスク評価・デューディリジェンス機関であるRightShipは、船舶関連の温室効果ガス(GHG)排出量を監視、測定、ベンチマークするための新しいツールセット、「Carbon Accounting Reporting Tool」の発売を発表した。

世界の温室効果ガス排出量の3%を占めるとされる海上輸送は、企業がバリューチェーンの持続可能性プロファイルの改善に取り組む中で、ますます厳しく監視されるようになっている。企業の気候変動への影響に対処するための取り組みが、排出量の大部分を占める「スコープ3」の削減にますますシフトしているため、サプライチェーンの脱炭素化は、グローバル企業のサステナビリティにおける主要な焦点だ。

RightShipのカーボンアカウンティングツールセットは、同社の既存のプラットフォームに統合されており、顧客はGHGインサイト、船舶審査、検査データに一箇所でアクセスすることができる。また、本ソリューションは船舶、貨物、航路の種類別フィルター、サプライヤー比較、船舶のパフォーマンス指標をユーザーに提供し、ユーザー側は炭素排出量を評価し、主要な排出量のホットスポットを特定することで、サステナビリティ目標に沿った情報に基づく意思決定を行い、排出量削減策を追求することができる。

【参照ページ】
(原文)RightShip has launched an expanded and enhanced toolset for monitoring, measuring, and benchmarking shipping-related greenhouse gas (GHG) emissions.
(日本語訳)RightShip社、外航船舶の温室効果ガス排出量を測定・報告するツールセットの提供を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る