フォルクスワーゲン、持続可能なモビリティへの移行に向けてバチカン市国と協力

フォルクスワーゲン、持続可能なモビリティへの移行に向けてバチカン市国と協力

11月15日、大手自動車メーカーのフォルクスワーゲンは、持続可能なモビリティへの移行を推進するため、バチカン市国と提携した。フォルクスワーゲンは、コンパクトなID.3から多用途なID.4、ID.5まで、ID.ファミリーから40車種近くの完全EVをバチカンに納車する予定である。本イニシアティブは、2030年までに気候変動に左右されない車両を実現することを目指すバチカンの脱炭素戦略の極めて重要な要素である。

2024年初頭の記念すべき機会に、フォルクスワーゲン乗用車の販売・マーケティング・アフターセールス担当取締役会メンバーであるイメルダ・ラッベと、フォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービスAGの取締役会会長であるクリスチャン・ダールハイム博士が、バチカンに最初のEV2台、ID.3 Pro Performanceモデル2台を自ら贈呈した。

バチカン市国は、人間の活動が環境に与える影響を軽減する革新的で持続可能なソリューションの導入に熱心に取り組んでいる。本コミットメントの核となるのが「エコロジカル・コンバージョン2030」プログラムで、バチカン市国が保有する車両のCO2排出量を削減することに重点を置いている。既存の車両をEVに計画的に置き換え、2030年の目標年までに完全にCO2ニュートラルな車両を実現する。

フォルクスワーゲンは、この変革プロジェクトのパートナーとして選ばれた。フォルクスワーゲンは、フォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービスを通じて、2024 年初頭よりバチカン市国への電気自動車の供給を開始する。この取り組みが進むにつれ、フォルクスワーゲン グループ各ブランドのゼロエミッション車が順次導入され、2030 年までに全車両の完全な電動化が達成される予定である。

このコラボレーションは、持続可能で環境に優しい輸送ソリューションへの大きな前進を意味し、世界的なEVへのシフトと、フォルクスワーゲンとバチカン市国の環境保護へのコミットメントを示すものである。

【参照ページ】
(原文)Volkswagen electrifies the Vatican’s vehicle fleet
(日本語参考訳)フォルクスワーゲン、バチカンの車両を電動化

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る