フォルクスワーゲン、持続可能なモビリティへの移行に向けてバチカン市国と協力

フォルクスワーゲン、持続可能なモビリティへの移行に向けてバチカン市国と協力

11月15日、大手自動車メーカーのフォルクスワーゲンは、持続可能なモビリティへの移行を推進するため、バチカン市国と提携した。フォルクスワーゲンは、コンパクトなID.3から多用途なID.4、ID.5まで、ID.ファミリーから40車種近くの完全EVをバチカンに納車する予定である。本イニシアティブは、2030年までに気候変動に左右されない車両を実現することを目指すバチカンの脱炭素戦略の極めて重要な要素である。

2024年初頭の記念すべき機会に、フォルクスワーゲン乗用車の販売・マーケティング・アフターセールス担当取締役会メンバーであるイメルダ・ラッベと、フォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービスAGの取締役会会長であるクリスチャン・ダールハイム博士が、バチカンに最初のEV2台、ID.3 Pro Performanceモデル2台を自ら贈呈した。

バチカン市国は、人間の活動が環境に与える影響を軽減する革新的で持続可能なソリューションの導入に熱心に取り組んでいる。本コミットメントの核となるのが「エコロジカル・コンバージョン2030」プログラムで、バチカン市国が保有する車両のCO2排出量を削減することに重点を置いている。既存の車両をEVに計画的に置き換え、2030年の目標年までに完全にCO2ニュートラルな車両を実現する。

フォルクスワーゲンは、この変革プロジェクトのパートナーとして選ばれた。フォルクスワーゲンは、フォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービスを通じて、2024 年初頭よりバチカン市国への電気自動車の供給を開始する。この取り組みが進むにつれ、フォルクスワーゲン グループ各ブランドのゼロエミッション車が順次導入され、2030 年までに全車両の完全な電動化が達成される予定である。

このコラボレーションは、持続可能で環境に優しい輸送ソリューションへの大きな前進を意味し、世界的なEVへのシフトと、フォルクスワーゲンとバチカン市国の環境保護へのコミットメントを示すものである。

【参照ページ】
(原文)Volkswagen electrifies the Vatican’s vehicle fleet
(日本語参考訳)フォルクスワーゲン、バチカンの車両を電動化

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る