エミレーツ航空、ネステによる世界初のSAF100%エンジン搭載A380実証飛行を実現

11月22日、航空世界大手エミレーツ航空は、エアバスA380の4基のエンジンのうち1基にフィンランド石油化学大手ネステの持続可能な航空燃料(SAF)を搭載し、実証飛行を行ったと発表した。SAFは現在、従来の化石ジェット燃料と最大50%混合して使用することができる。

A380のデモフライトはドバイ国際空港から離陸し、ネステ、エミレーツ航空、エアバス、エンジンアライアンス、プラット&ホイットニー、ヴィレントが協働し、ENOCがネステのSAFの納入をサポートした。本フライトは、安全で信頼性の高い燃料としてのSAFの性能と適合性を実証するものである。

本フライトで使用された100%SAFには、再生可能な芳香族成分も含まれている。本燃料の特性は従来のジェット燃料に似ているため、いわゆる「ドロップイン」燃料となり、使用前に航空機やそのエンジンを改造する必要がない。A380型機に100%ドロップインのSAFが使用されるのは今回が初めてで、航空機の既存システムとの完全な互換性が期待される。

ネステは、「Neste MY Sustainable Aviation Fuel」を提供し、これにENOCがVirentの芳香族成分を添加して、ジェット燃料のすべての要件を満たす100%再生可能なジェット燃料を製造した。再生可能な原料から作られた100%SAFは、航空機のエンジンアライアンスGP7200エンジン1基に供給され、他の3基のエンジンには従来の化石ジェット燃料が使用された。エンジンが稼動していないときに航空機のシステムに電力を供給するプラット・アンド・ホイットニー・カナダのPW980補助動力装置(APU)も100%SAFで稼動した。

ネステのSAFを使用した今回のデモフライトは、エミレーツ航空とネステとの間で、アムステルダム・スキポール空港とシンガポール・チャンギ空港を出発するエミレーツ航空便向けに、2024年と2025年の間に9,000トン(300万ガロン)以上のNeste MY Sustainable Aviation Fuelを混合して供給するという、最近発表した提携拡大に続くものである。

【参照ページ】
(原文)Neste enables Emirates to operate world’s first Airbus A380 demonstration flight with one engine powered with 100% SAF
(日本語参考訳)エミレーツ航空、ネステによる世界初のSAF100%エンジン搭載A380実証飛行を実現

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る