ムーディーズ、サステナブル・ファイナンスの市場予測を下方修正

5月12日、ムーディーズは、グリーン、ソーシャル、サステナビリティ、サステナビリティ・リンク(GSSS)債の発行額は2022年には約1兆ドル(約128兆円)で横ばいとなり、数年にわたる急成長に終止符を打つと予想したESGソリューションズの新しいレポートを発表した。市場や地政学的な圧力により、2022年第1四半期の世界のサステナブルボンドの取引高は28%減少し、ムーディーズESGは同年の予測を、従来の1兆3500億ドル(約173兆円)から25%以上引き下げた。

ムーディーズESGは、市場の成熟と金融引き締めがより大きな債券市場に影響を与えるため、GSSSの成長率が鈍化すると既に予想していましたが、ロシアのウクライナ侵攻はこれらの圧力を著しく強め、世界の成長見通しを損ない、インフレ力を悪化させ、金融政策の引き締めが加速する見通しを高めている。

しかし、ロシアの侵攻は短期的にはGSSS市場を混乱させたように見えるが、ムーディーズは、この戦争を長期的な追い風のひとつに挙げており、その結果、世界中でエネルギーの安全保障に対する緊急性が高まり、再生可能エネルギーの設備に対する需要が加速すると予想している。

また、気候変動緩和と適応のための資金調達の必要性、ネットゼロ目標達成のための脱炭素化努力の加速、持続可能性に関する規制の注目度の高まりなど、GSSS市場の成長再開を促すと予想されるいくつかの要因も取り上げている。

一方、持続可能性連動債(SLB)は、今年も成長が見込まれる唯一のセクターであり、ムーディーズは、SLBの発行額は2022年に1,500億ドル(約19兆円)に達し、昨年の約900億ドルから大幅に増加するが、事前の予想である2,000億ドル(約25兆円)よりは低くなると予測している。SLB市場は、ここ数四半期、GSSSセクターの中で最も急速に成長しており、これは、発行体が一般企業目的の資金調達をESGパフォーマンス目標と結びつけることにますます注目するようになっているからだ。

【参照ページ】
(原文)To be able to copy & paste content to share with others please contact us at subscriptions@peimedia.com to upgrade your subscription to the appropriate licence
(日本語訳)Moody’s、サステナブルファイナンスの市場予測を下方修正

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る