エネルギー企業フィリップス66、製油所を再生可能燃料施設に転換。約1,100億円を投入

5月11日、エネルギー企業のフィリップス66は、カリフォルニア州ロデオにあるサンフランシスコ製油所を世界最大級の再生可能燃料施設に転換するプロジェクト「Rodeo Renewed」に約8億5000万ドル(約1,100億円)を投資する計画を発表した。商業運転は2024年に開始される予定だ。

Rodeo Renewedの完成後は、原油の処理を行わず、廃油、油脂、植物油を利用して、再生可能ディーゼル、再生可能ガソリン、持続可能航空燃料(SAF)など、当初年間8億ガロン(日量5万バレル以上)の再生可能輸送燃料を生産する予定。

同社によると、これらの燃料を生産することで、ライフサイクルの炭素排出量を約65%削減し、施設内の基準汚染物質排出量を55%削減、水の使用量を年間160ガロン削減するなどの成果が見込まれる。

【参照ページ】
(原文)Phillips 66 Makes Final Investment Decision to Convert San Francisco Refinery to a Renewable Fuels Facility
(日本語訳)フィリップス66、8億5千万ドルを投じて製油所を再生可能燃料施設に転換

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る