ESG Book、ファンドのサステナビリティ・スコアリング・ソリューションを提供開始

ESG Book、ファンドのサステナビリティ・スコアリング・ソリューションを提供開始

7月21日、サステナビリティ・データ&テクノロジー企業のESG Bookは、数千のファンドのサステナビリティ・プロファイルを分析・比較するための新しいソリューション、Fund Scoresの提供開始を発表した。

ESG Book(旧Arabesque S-Ray)は、ESGデータの管理、開示、分析のためのデジタルプラットフォームだ。今回のFund Scoresの立ち上げは、テクノロジーを駆使したESGデータソリューションに対する顧客の需要が高まる中、同社のサービスをグローバルに拡大する取り組みの一環であるという。ESG Bookは最近、こうした取り組みを進めるために3,500万ドル(約47億円)を調達し、今月初めには、LSEGの前リサーチ・ポートフォリオ管理部長レオン・サンダース・カルバートを最高製品責任者として採用し、ESG Bookの製品群を拡大している。

新ソリューションは、株式、企業債券、ハイブリッド投資戦略を網羅する3万本以上の投資信託と4千本以上のETFをカバーし、22項目のESGスコア、国連グローバルコンパクトのスコア、気候スコア、排出強度比などのサステナビリティ指標を提供する。

本発表に伴い、ESG Bookは世界最大のファンドの気候プロファイルに関するデータを提供し、現在、世界の主要な指数のうち、2050年までに温暖化を1.5度以下に抑えるという世界目標に沿うものはないと示した。世界の主要株価指数のうち、オーストラリアのASXは、売上高100万ドル(約1.3億円)あたり327トンという最も高い排出量原単位(EIR)を有しており、これは主に公益事業およびエネルギー鉱物セクターへのエクスポージャーによるものだ。一方、ダウ平均は、金融、小売業、テクノロジーサービスセクターへのエクスポージャーが高いため、40トンという最も低いEIRを有している。

【参照ページ】
(原文)Over 70% of assets on average across the world’s largest funds will exceed the 2050 target of 1.5 degrees without large emissions reductions, according to ESG Book
(日本語訳)ESG Book、ファンドのサステナビリティ・スコアリング・ソリューションを提供開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る