Schroders、エネルギー転換期におけるインフラストラクチャーへのアクセスを提供するファンドを設立

Schroders、エネルギー転換期におけるインフラストラクチャーへのアクセスを提供するファンドを設立

5月4日、グローバルな投資マネージャーであるSchrodersのプライベートマーケット投資部門であるSchroders Capitalは、英国金融行動監視機構から、再生可能エネルギーインフラなどの流動性の低い非公開資産へのアクセスを可能にするための新しい投資手段である、史上初のエネルギー移行にフォーカスした長期資産ファンド(LTAF)の承認を受けたことを発表した。

今回の発表は、Schroderが3月に気候変動やネット・ゼロに焦点を当てた英国初のLTAFを発表したのに続くものである。新しいLTAFは、風力発電や太陽光発電など、再生可能エネルギーとエネルギー転換に沿ったインフラ投資に重点を置く予定だ。Schroderによると、本ファンドは、インフラストラクチャー・プロジェクトのための新たな資本フローを解放し、投資家、特に確定拠出年金(DC)運用者が再生可能エネルギー・プロジェクトに投資することを可能にするものである。

新しいLTAFは、再生可能エネルギーの専門家であるSchroders Greencoatが運用する予定です。Schroderは昨年グリーンコートを買収し、急成長する再生可能エネルギーインフラ分野のグローバルリーダーになることを目標に掲げている。

【参照ページ】
(原文)Schroders Capital receives approval to launch first renewables and energy transition dedicated Long-Term Asset Fund
(日本語訳)シュローダー・キャピタル、初の自然エネルギー・エネルギー転換専用長期資産ファンドの設定認可を取得

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る