Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削減するという目標を達成し、2030年の目標より6年前倒しでマイルストーン達成を達成したと発表した。

本目標は当初、Walmartが2017年に立ち上げた「Project Gigaton」(2030年までにWalmartのグローバル・バリュー・チェーンから排出される温室効果ガス1ギガトンを削減または回避するため、サプライヤーだけでなく、NGOやその他のステークホルダーを気候変動対策に参加させる取り組み)の開始時に設定された。Walmartの報告によると、現在までに5,900社以上のサプライヤーが本イニシアティブに署名している。

Project Gigatonの下、Walmartはサプライヤーに対し、エネルギー使用、自然、廃棄物、包装、輸送、製品使用と設計を含む6つの主要分野において、排出削減目標を設定し、排出削減のための行動をとるよう求めた。同イニシアティブは、排出削減の準備と能力について様々なレベルのサプライヤーに対応できるように設計されており、6つのカテゴリーのうち1つのカテゴリーで目標を設定する初期の段階のサプライヤーから、複数のカテゴリーに取り組むより先進的な企業まで協力した。

過去数年にわたりWalmartは、再生可能エネルギー購入に関するサプライヤーの教育や、電力購入契約(PPA)を通じた再生可能エネルギー導入の促進を目的とした、Schneider ElectricとのギガトンPPAの立ち上げや、HSBCおよびCDPとのサプライチェーン・ファイナンス・プログラムの設立など、サプライチェーンの排出削減目標を支援するための一連の取り組みやパートナーシップを発表してきた。

【参照ページ】
(参考記事)Walmart Hits Supply-Chain Emissions Goal—Six Years Early

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る