FAO、COP28までに食糧システムのネット・ゼロ・ロードマップの公表を約束

11月9日、総資産18兆ドル(約2,550兆円)の投資家が支援するキャンペーンの主催者であるFAIRRイニシアティブは、国連食糧農業機関(FAO)が、地球温暖化を1.5℃に抑えるという目標に沿った食糧システムのロードマップをCOP28までの公表を約束したことを歓迎した。

本ロードマップは食糧システムを、気候変動に直面する人々の生活を保護しながら、安価で栄養価が高く豊富な食糧を提供するものに移行させる重要なマイルストーンである。

本コミットメントは、2022年6月にFAOがこのようなロードマップを発表することを求めて立ち上げたFAIRRキャンペーンを受けたものである。同キャンペーンはその後、総資産18兆ドル(約2,550億円)の投資家、潘基文前国連事務総長、気候変動チャンピオンで前アイルランド大統領のメアリー・ロビンソンや国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)の前事務局長クリスティナ・フィゲレスなどの著名人の支持を獲得している。

6月現在、OECD54カ国の国家決定寄与度(NDC)のうち、農業部門が世界の温室効果ガスの約3分の1を生産しているにもかかわらず、農業に関する具体的な目標を掲げているのは16カ国のみである。世界的なロードマップは、排出量に持続的に取り組むための野心的だが実現可能な戦略と目標を設定するために必要なガイダンスを各国に提供するものである。

【参照ページ】
(原文)COP27: Investors Give Warm Welcome as FAO Commit to Net Zero Roadmap for Food
(日本語訳)COP27:FAOが食糧のネット・ゼロ・ロードマップを約束し、投資家が温かい歓迎を表明

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る