Sphera、投資家や金融機関がポートフォリオの排出量を測定・管理できるソリューションを発表

Sphera、投資家や金融機関がポートフォリオの排出量を測定・管理できるソリューションを発表

6月20日、ESGパフォーマンスおよびリスク管理ソフトウェア、データおよびサービスプロバイダーのSpheraは、金融機関が融資およびポートフォリオの排出量を測定し、気候関連のリスクと機会を評価し、ESG報告要件を満たすことを目的とした、新しいフォフトウェアソリューション「SpheraCloud Corporate Sustainability-Portfolio Management」を発表した。

2016年に設立されたSpheraは、SaaSソフトウェア、独自のデータ、コンサルティングサービスを提供し、世界中の組織が環境、健康、安全性、サステナビリティ、オペレーショナルリスク管理、プロダクトスチュワードシップの分野でESGリスクを顕在化、管理、軽減できるよう支援している。同社は2021年、オルタナティブ投資マネジャーの Blackstoneに買収され、Spheraの評価額は14億ドル(約2,000億円)となった。Blackstoneは昨年、Spheraの炭素会計ソリューションを統合し、ポートフォリオ全体の排出量削減を支援すると発表した。

SpheraはBlackstoneと協力し、金融サービス業界とその投資家のための新しいソリューションを開発するため、専門知識を結集したと述べている。

Spheraによると、新ソリューションは、AIと高度な分析を用いて、融資先や投資家が融資された排出量を収集、計算、報告、管理できるようにする。自動化されたデータ収集、堅牢な計算エンジン、統合された排出係数ライブラリ、ポートフォリオ・パフォーマンス管理、監査証明付き報告などの主要機能を備えている。

本ソリューションは、炭素会計財務パートナーシップ(PCAF)と温室効果ガス(GHG)プロトコルの基準を活用し、融資による排出量を測定するための標準化された手法を提供する。

【参照ページ】
(原文)Sphera Supports Decarbonization in Financial Services with SpheraCloud Corporate Sustainability–Portfolio Management Solution for Financed Emissions to Meet PCAF and GHG Protocol Reporting Standards

(日本語参考訳)Sphera、投資家や金融機関がポートフォリオの排出量を測定・管理できるソリューションを発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る